復縁を可能にするメールテクニックとは?

復縁を可能にするメールテクニックとは?

復縁をしたいがために一方的にメールを送りつけてみても、相手からの嫌悪感ま増すばかりでなかなか成功はしません。

 

元恋人へメールを送るならば、ある程度の冷却期間を取る必要があります。
こちらで復縁 体験談をお確かめください

 

復縁のためにメールを送るには、3〜6ヶ月、もしくは1年以上の冷却期間を取ったのち、メールを送るのがベストです。いざ送る時になって、相手の方がメールアドレスを変更していなかった場合は良いのですが、アドレスを変更されていた場合には、相手の住所をしっかりと確認しておき、元恋人だけに送ると復縁したい気持ちが透けて見えてしまうので、一斉送信メール を利用し、相手へと送信します。

 

もし、相手からの反応がない場合には、1ヶ月は連絡を取らないようにして、再度連絡を取ってみます。メールの内容は軽く未練を感じさせないような内容にしておきましょう。

 

ここで返信が返ってきた場合には、ふたりで会おうという話はせず、最初は共通の友人同士で会うようにし、ふたりの間にあるわだかまりを無くしていくようにしましょう。