ニキビ跡を消して美肌を目指そう!

安眠には心の中の改善を。

不眠にはいくつかの要因があります。
精神的なもの、例えばストレスや病気によるもの。
それから薬などの作用やカフェインなどの摂取による興奮状態。
外的なもので言えば寝入る前の明るすぎる照明、スマホ、パソコンなどの光。

 

ですが、今回は一番上のストレスや精神的なものから来る不眠について考えてみたいと思います。
まず、人が社会に出ていく上でストレスはもう避けて通れません。
それは誰でも同じです。
ストレスがない人、悩みがない人はもうこの世に誰一人として居ないのです。
あまり悩まない、物事を深く考えない、そういった性格の人が居るのもまた確かです。
自分はそう人にはなれない、考え込んでしまうし、考え出したらどこまでも行ってしまう、そんな方は一体どうしたら良いのか。

 

カフェインや明るい照明を避けるというのは必ず守って頂いて、さらに寝る前には体を温めるよう心掛けて下さい。
そして不眠症で悩んでいる方、眠れないと悩み始めた時、そういう時は皆、体が硬くなっています。
お布団の中を温めて体の力を抜いて下さい。
体も頭の中も緊張状態になっているのが良くないのです。
温かいお布団の中で腰や足を摩ってあげてください。
そうすると熱を帯び、体が温まり、リラックス効果を促します。
これ⇒不眠症対策119お助け部隊参考になりますよ。

 

体と頭の中、それと心の緊張感を解いてあげてください。
悩んでも良いです。
考え抜いても良いです。
でも最後に、よくやった、今日も自分は頑張った、と声に出して繰り返してください。
それを言ったらもうその先は頭を止めてください。
思考を止めてください。
体を摩って自分を労わって温めて、体に休息をあげましょう。

 

眠れない日があったって良いんです。
眠らなくちゃ、なんて思う必要はないのです。
ただ、今日も頑張ったあなたの体にほんの少しの休息をあげてください。